ワーホリ関連ニュース

スペインの国境封鎖解除・語学学校オープン・ビザについて

スペインでは6月21日で警戒事態が解除に

6月21日で長かった警戒事態(Estado de Alarma)が終了します。警戒事態が解除された後の「Nueva Normalidad」(新たな日常)におけるルールは各州政府に決定権があります。

7月1日:外国人旅行者の入国が可能

7月1日に国境封鎖が解除され、EU圏以外の外国人(日本人含む)のスペイン入国が可能になります。

短期留学でビザが必要ない方は7月1日以降いつでもスペインへ渡航が可能です。

7月6日:語学学校の授業再開

7月1日の国境封鎖解除をうけて、7月6日(月)からスペインの語学学校も学校内での授業を再開します。

通常クラスが再開しますが、クラスの空き状況や初心者コーススタート日などはお申し込みの前に必ずご確認下さい。

学生ビザ・ワーキングホリデービザの申請と発給

スペイン大使館に、現在の学生ビザ・ワーキングホリデービザの申請と発給の状況について質問し、以下のような回答を頂きました。(全文掲載)

現在通常通りの受付時間(査証申請は平日の9時半から12時15分、12時までの入館にご協力お願いします)にてビザ申請の受付自体はしているものの、スペイン本国から全ての査証発給停止指示が出ており、また同指示解除の目処が立っていないため、ビザ発給までの所要日数については全く見通しが立たない状態です。

ワーキングホリデービザは一度申請してしまうとビザの期間変更ができないため、状況が落ち着いてから申請されることをお勧めいたします。

学生ビザについても状況が落ち着いてからの申請をお勧めすることには変わりありませんが、夏、秋の渡航に向け近日中の申請を希望される場合には、通常よりも時間がかかることが予想されることをご理解いただいた上で、申請なさってください。

申請はスペイン入国日の90日前から可能です。

駐日スペイン大使館

上記のスペイン大使館からの回答にもあるように、コロナウイルスのせいで出発が遅れても、ワーキングホリデーの場合は帰国日の延期はできません。ご注意下さい。

駐日スペイン大使館連絡先

スペイン大使館はビザの申請・発給状況にメールで回答をくれるので、ビザ申請の前に必ずビザの申請・発給状況をお確かめ下さい。電話は繋がりにくいので、メールをお勧めします。

上記は2020年6月18日の情報です。最新情報は必ずスペイン大使館にお問い合せ下さい。当サイトの情報とスペイン大使館の情報に相違があっても、当サイトでは一切責任を負いません。

関連記事

  1. コロナウイルス:ワーキングホリデービザ申請や入国延期について
  2. スペインのワーキング・ホリデー保険 日本でorそれともスペインで?海外旅行保険の加入
  3. スペインのワーキング・ホリデービザ申請書類・方法と条件 スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ申請に必要なもの
  4. スペイン全土で夜間の外出禁止が決定
  5. コロナウイルス:一時的居住・労働許可等が6か月延長決定
  6. スペインのワーキング・ホリデービザ申請用紙の記入例・見本・サンプル スペイン・ワーキングホリデー:ビザ申請書・NIE申請書・ワーホリ…
  7. スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの申請条件
  8. スペインと日本のワーキングホリデー スペインと日本のワーキングホリデー(ワーホリ)締結!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP