スペインのワーキングホリデーを無料でサポート!お問い合せはこちらから。

ページコンテンツ

手続きについて

Emadronamiento(エンパドロナミエント)は、住所登録、住居登録などと呼ばれています。

ワーキングホリデービザの場合は、スペイン入国後1か月以内に行う手続きです。詳しい手続きの方法はこちらをご覧下さい。

スペイン大使館のワーキングホリデービザのページには、申請から認可まで2ヶ月(8週間)と書かれています。

ビザ申請書以外に、フライトチケットの予約や、無犯罪証明書、住民票、健康診断などの書類も必要なので出発予定2か月前には、スペイン大使館のワーキングホリデーページを確認し、必要な書類をリストアップ、準備を進めるのがお勧めです。

ビザ申請は、出発日から90日をきったらすぐに申請をお勧めします。

不可です。

スペインのワーキングホリデービザは、日本にあるスペイン大使館のみで申請可能で、さらに申請条件の一つが日本に3か月以上滞在している事です。

スペインのワーキングホリデービザの有効期限は1年で、ワーキングホリデービザの延長は不可です。

スペイン大使館のワーキングホリデーページでは、ワーキングホリデービザが切れた後は出国するようにと記載があります。

ただし、ワーキングホリデービザを学生ビザに切り替えた方もいらっしゃいます。詳しくは「日本に帰国せずスペインでワーホリビザを学生ビザに切り替える方法」をご覧下さい。

ビザの切り替えは余り知られておらず、ビザの手続きに詳しい語学学校を選ぶ事、そしてビザの有効期限が切れる3か月前には準備を始める事をお勧め致します。この手続きにお勧めな語学学校が知りたい方は、お問い合せ下さい。

費用&お金について

マドリードやバルセロナのような大都市、バレンシア・マラガ・セビージャ・ビルバオ・サラゴサなどの中都市、そして小規模都市や田舎では大分生活費が違います。日本と同じで特に家賃(シェアアパート)は1~3割の差が出ます。

大都市(マドリード/バルセロナ):家賃450ユーロ~550ユーロ、食費やその他雑費250ユーロ~350ユーロで、700ユーロ/月から。

中都市(バレンシアなど):家賃350ユーロ~450ユーロ、食費やその他雑費300ユーロ前後で、650ユーロ/月から。

実際には安いもっと安い宿泊先を見つけて、生活費を安く抑えている方もいます。大体の目安としてください。物価は色々な要因により上下(主に上昇)しますので、なるべく余裕をもって計画を立てる事をお勧めします。

スペインのワーキングホリデービザは、日本国籍の方が日本で申請する場合は無料です。ただし、NIE(Número de Identidad de Extranjero)と呼ばれる、外国人登録番号の発行に1200円前後必要です。

為替レートやNIE申請料の値上げにより、料金の変動がありますので、詳しくはスペイン大使館ワーキングホリデービザのページをご覧下さい。

 

WISEと言う国際送金サービスが一番お得です。これは海外在住日本人が最も利用している送金サービスです。

為替レートが一番お得で、手数料も安く送金前に、送金に利用するレートと手数料を確認することが可能です。興味のある方は、当サイトのプロモーションリンクからご登録下さい。こちらから登録された方は、最大75,000円までの送金に使える手数料無料クーポンがプレゼントされます。

WISEは各国通貨を入金できるデビットカード(マネーカード)も提供しています。ワーキングホリデー中にユーロ圏外への旅行をされる方にも便利です。

仕事をする場合は、給料振込口座が必要なので銀行口座が必要になりますが、ワーキングホリデー制度を利用して、スペインで語学留学、旅行、生活をするだけであれば義務ではありません。

仕事について

すぐに見つかる、簡単であるとは言えません。

スペインは失業率の高い国です。ただしパンデミック以降、飲食店などは常に人出不足の状態ですので、飲食店についてだけ言えば以前よりは可能性があるかもという状態です。

なるべく日本で貯金をし、スペイン到着後に語学学校に通ってスペイン語力をアップさせるか、日本でもスペイン語を勉強してから渡航することをお勧めします。

飲食・サービス関係です。

ワーキングホリデーの仕事に関しては、こちらをご参考下さい。

当サイトでは、仕事の斡旋はしておりませんが、ワーキングホリデー向きの求人をサイト内に随時アップしています。

当サイト内の「スペインの求人情報」カテゴリーをご覧下さい。

語学学校について

スペインのワーキングホリデービザは、語学学校に通える期間の制限などはありません。

問題ありません。

授業は全てスペイン語で行われますが、スペイン語初心者コースのスペイン語講師は、スペイン語力がゼロでもスペイン語で教えるメソッドを持っています。ただ、少しでもスペイン語が出来た方が上達が早いのは事実です。

学校により初心者コース開校日はまちまちで、日本人スタッフのいるスペイン語学校もあります。気になる方はお問い合せ下さい。

コース費用は、都市、語学学校、受講するコース、期間により差が出ます。

お見積もりが欲しい方は、お問い合せフォームより、希望の都市や期間をご連絡下さい。格安語学学校を紹介いたします。

当サイトでは、語学学校の支払いに固定為替レートを設定していません。

当サイトは、入学手続きの代行やお支払いのサポートは無料ですが、各語学学校に直接支払いをする形をとっています。海外送金やカード支払いの為替レートは、その時々のレートです。固定や上乗せされたレートではないのでご安心下さい。

出発の3か月前か、ワーキングホリデービザを申請するあたりを目安にお申込み下さい。語学学校や時期によっては、宿泊施設の手配に時間がかかる場合があります。

宿泊施設の手配はなしでコースのみの場合は、コース開始1か月前程度までにお願い致します。

保険について

保険は必要ありませんが、医療保険には加入をしておくことをお勧めします。

当サイトでは格安のスペイン医療保険「Adeslas Completa」を紹介しています。日本語申し込みフォームがあり、こちらから申し込みをすると、保険料が最大33%OFFとなります。スペイン到着後にお申込みも可能です。

医療保険だけではなく、盗難・紛失・故障・事故・死亡や、緊急時の日本語対応が必要な方は、日本の保険代理店「イーコールズ」にお問い合せ下さい。複数の大手保険会社の代理店で、個々のニーズに合った保険を提供してくれます。

 

最新の記事

ビザ・手続き情報
生活・仕事情報
  1. スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの申請条件

  2. スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ申請に必要なもの

  3. スペインの安全情報を日本語で!在留届・たびレジ・アプリ・大使館メルマガ

  4. スペインでワーキングホリデー?それとも長期スペイン語留学?

  5. ワーキングホリデービザでスペイン入国後の手続き:Empadronamiento(住所登録)

  6. 日本でorそれともスペインで?お勧めの海外旅行・海外留学保険

  1. スペインで仕事を探す方法:お勧めの求人サイトや掲示板

  2. 仕事&サッカー指導者の勉強を両立するワーホリの1日

  3. 仕事探しに必須!スペインの履歴書を作成

  4. ワーホリ体験談:スペインでサッカーの仕事&バレンシア1か月の生活費

  5. ワーキングホリデー向きのスペイン語学校の選び方

  6. スペインで仕事をするのに必要な語学力はどの程度?

プエンテ・スペイン留学

バルセロナ・スペイン留学

バレンシア・スペイン留学

TOP
お問い合せ よくある質問 おすすめ保険