日本での手続きとワーホリ準備

スペイン・ワーキングホリデー:ビザ申請書・NIE申請書・ワーホリ計画書記入方法

スペインのワーキング・ホリデービザ申請用紙の記入例・見本・サンプル

スペインのワーホリビザの各種申請書記入方法

スペイン大使館のワーキングホリデーのページからは、ワーキングホリデービザ申請書(Application for a National Visa)、NIE(外国人登録番号、Número de Extranjero)の申請書、申請に必要な書類のリストなどはダウンロードできますが、各申請用紙の記入方法のサンプルはありません。ワーキングホリデー計画書に至ってはスペイン大使館のサイトに記述さえありませんでした。(2017年7月)

スペイン大使館では、分からない箇所は空欄で窓口に提出するとその場で対応となるようです。長期留学ビザとは違いコピーが必要ない書類も多いのでこのような対応をしているのかもしれませんね。

ここでは、ワーキングホリデービザ申請書、NIE(外国人登録番号、Número de Extranjero)の申請書、ワーキングホリデー計画書の記入法を解説します!

ワーキングホリデービザ申請用紙の記入方法

スペイン大使館のワーキングホリデーのページには記入サンプルがないと書きましたが、スペイン大使館にメール(emb.tokio.info@maec.es)を送ると、数日返信に時間がかかりますがビザ申請書(英語表記)の記入に役立つ日本語訳のついた記入サンプルを送付してもらえます。

ただしどこまで記入すべきかなど詳しい情報はありませんし、詳しいことをメールで質問しても「分からない箇所は空欄で窓口に提出するとその場で対応」と返答があるだけです。

下記の画像は、スペイン大使館から送られてきた申請書に注意書きを書き込んだものです。(画像はクリックで拡大されます。)

スペインのワーキング・ホリデービザ申請書の記入見本スペインのワーキング・ホリデービザ申請書の記入見本11番のNIE(Número de Extranjero、外国人登録番号)については、もし以前に学生ビザなどを取得しNIEを取得していた方はその番号が有効かもしれないので、大使館にお問い合せ下さい。21番に記入する入国予定日はよく考えてから。ワーキングホリデービザが認可された場合、入国が可能なのはここに記入した入国予定日から90日以内です。前倒しはできません。

書類の記入は大文字で!

➡ スペイン大使館から入手したワーキングホリデービザ申請書(Application for a National Visa)の記入例はこちらから。

NIE(Número de Extranjero、外国人登録番号)申請用紙の記入方法

ワーキング・ホリデービザ申請書の他に、スペインで仕事をするのに必要な外国人登録番号(Número de Extranjero)、通称NIE(ニエ)を申請するための用紙の記入も必要です。

長期留学などの場合は、スペイン到着後にNIEが記載されたIDカード(Tarjeta de Estudainte、学生証)の発行手続きが必要ですが、スペイン入国後ワーキングホリデービザ取得者はNIEに関する特に手続きはありません。

ワーキングホリデービザが発給されると、パスポートにビザが貼付され、そこにNIE(Número de Extranjero、外国人登録番号)の記載があります。

NIEの申請書はスペイン語のみなので、名前・性別・生年月日など最低限分かる部分だけ記入し、後はスペイン大使館の窓口で各自チェックを受けた方が良いでしょう。記入方法はあくまでも参考です。住所などもスペインの住所の書き方なのでこれを一体どうやって日本の住所に当てはめるのか…と疑問がのこります。わからない部分は空欄とした方無難でしょう。 (画像はクリックで拡大されます。)

書類の記入は大文字で!

1 DATOS DEL EXTRANJERO/A

1) NIE:NIEを申請するための書類なのでここは空欄。
2) Nº PASAPORTE:パスポート番号(有効期限は1年以上)。
3) 1º Apellido:第一性。
4) 2º Apellido:第二性。日本人は空欄。
5) Nombre:名前。
6) Sexo H M:性別。男性はH、女性はMをチェック。
7) Fecha de nacimiento:生年月日。日-月-年の順番で記載します。
8) Lugar:生まれた場所。東京であればTokio。
9) País:生まれた国。日本であればJapón。
10) Nombre del padre:父親の名前(フルネーム)
11) Nombre de la madre:母親の名前(フルネーム)
12) Nacionalidad:国籍。日本の場合はJAPÓNかJAPONESA。
13) Estado civil S  C  V  D  Sp:S=独身、C=婚姻関係にある、V=配偶者と死別、D=離婚、Sp=別居中。
14) Domicilio de residencia  Nº  Piso:自分の現在のを記入するのですが、記入方法がスペイン方式です。日本と違うのでここは空欄でスペイン大使館に聞いた方がよいと思います。
15) Localidad:東京都江東区ならば、KOTO-KU。
16) C.P.:郵便番号。
17) Provincia:東京都江東区ならば、TOKIO。
18) Teléfono:電話番号。
19) Email:メールアドレス。

2 DATOS DEL PRESENTADOR DE LA SOLICITUD

記入なし:代理でNIE申請する人用の記入欄なので空欄。

3 DOMICILIO A EFECTOS DE NOTIFICACIONES

NIE発給後の連絡先(受取先)です。1 DATOS DEL EXTRANJERO/Aと同じ場合は、同じように記入。

20) Nombre/Razón Social:申請者のフルネーム。
21) PAS:パスポート番号。
22) DNI/NIE:空欄。
23)~30) :1 DATOS DEL EXTRANJERO/Aと同じ。
31) Solicito/Consiento que las comunicaciones y notificaciones se realicen por medios electrónicos:EmailでNIE発給などの連絡を希望なのでチェックを入れる。(ただビザと一緒にNIEをもらうのでメールで連絡があるかはわかりません。)
32) Tipos de documento (art. 206):NÚMERO DE IDENTIDAD DE EXTRANJERO (NIE)にチェック。
33) Motivos:Por intereses profesionalesかPor intereses socialesにチェックを入れるのですが、これは空欄でスペイン大使館で質問した方がいいでしょう。
34) (Especificar): WORKING HOLIDAYと書くべきだと思いますが、WORKING HOLIDAY用のNIE申請用紙がないので、ここも空欄でスペイン大使館で確認。
35) Lugar de presentación:Oficina Consularにチェック。
36) Situación en España:ここもスペイン大使館に確認。
37) 日付と申請場所:東京にあるスペイン大使館に2017年12月1日に提出の場合は、TOKIO, a 1 de DICIEMBRE de 2017となります。
38)FIRMA DE SOLICITANTE:申請者のサイン。パスポートと同じサインにすること。

ワーキングホリデー計画書(旅程日程表)

スペイン大使館からワーキングホリデー計画書(ワーキングホリデー旅程日程表)の提出も求められます。(2017年7月現在、スペイン・ワーキングホリデー計画書が必要であるとはサイトには書かれていませんが、そのうち追加されると思います。)

ワーキングホリデービザを申請したのち、後からメールで追加書類としてワーキングホリデー計画書(ワーホリ計画書)を提出する場合と、ビザ申請時にスペイン大使館でその場で記入するように指示された方がいます。

いずれにせよ提出が必要な書類なのは間違いないので準備しておくのが無難です。

書類の記入は英語かスペイン語のようです。

右の画像は、スペイン人が日本にワーキング・ホリデーに行く場合に提出を求められる計画書です。スペイン人は提出する=日本人も必要、なのでしょうね。

必ずしもこのスタイルにする必要はないと思いますが

  • 名前
  • 性別
  • 年齢(生年月日)

などは必須でしょう。さらに、

  • パスポート番号
  • メールアドレスや電話番号

があればよいと思います。

そしてスペイン・ワーキングホリデー計画書の内容は、分かっているあるいは大まかな計画を記入します。

  • 日付:いつからいつまで
  • 滞在場所:都市あるいは州
  • その期間と滞在場所での目的:スペイン語研修、仕事、旅行、インターン、ボランティア…etc. を記入。(スペインの語学学校に申し込み済みであれば学校名も記載すると良いでしょう。)

長期の語学留学とは違いますので、くれぐれも1年間ずっとスペイン語研修とは書かないように!

記入方法が分からない場合

2017年夏現在、ワーキングホリデービザ申請用紙とNIE申請用紙の記入方法が分からない場合は空欄のまま申請書をスペイン大使館までにお持ちくださいとのことです。

どうしても気になる&心配な場合は、具体的にスペイン大使館にメール(emb.tokio.info@maec.es)で質問してみるのも良いと思いますが、多分わからないところは空欄で…と言われると思います。

スペイン大使館の情報が最新のワーキングホリデー情報です。書類のダウンロードや必要書類のリストの確認は必ずスペイン大使館のワーキングホリデーのページから行って下さい。
当サイトの情報はあくまでも参考程度です。スペイン大使館が最新情報を持っており、当サイトとスペイン大使館の情報が一致しない場合も当サイトは責任を負いません。

関連記事

  1. スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの申請条件
  2. スペインのワーキング・ホリデー保険 日本でorそれともスペインで?海外旅行保険の加入
  3. スペインのワーキング・ホリデービザ申請書類・方法と条件 スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ申請に必要なもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. スペイン・ワーキングホリデー、スペイン長期留学、たびレジ、在住届
  2. ワーホリ前にオンラインでスペイン語学習「1to1スパニッシュ」
  3. ワーキングホリデーorスペイン長期語学留学
  4. スペインと日本のワーキングホリデー
  5. キッズシッター:テネリフェ島
  6. バレンシアの日本食レストランでスタッフ募集中。
  7. スペインのワーキング・ホリデービザ申請用紙の記入例・見本・サンプル

日本語OK!無料ワーホリサポート

留学コーディネーター 盛 千夏ワーホリ&留学コーディネーター盛 千夏(もり ちなつ)

  • ワーキングホリデーの手続きサポート
  • 語学学校の入学申し込み(直接手続きされる方には割引あり!)
  • スペイン生活に関するアドバイス
  • ワーホリに関するメールカウンセリング

無料サポートについてはこちらをクリック!

PAGE TOP